2014年07月15日

PHP5.5.3で更新内容が即座に反映されない

PHP5.5よりOPCが有効でキャッシュしちゃうらしい。

php.iniを開いてOPcacheの設定を以下のように変更

[OPcache]
zend_extension="/Applications/MAMP/bin/php/php5.5.3/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20121212/opcache.so"
opcache.memory_consumption=128
opcache.interned_strings_buffer=8
opcache.max_accelerated_files=4000
opcache.revalidate_freq=60
opcache.fast_shutdown=1
opcache.enable_cli=0
opcache.enable=0


opcache.enable_cliの値を0にしてopcache.enable=0を追加しています。

参考:MAMPのPHP5.5.3でプログラムがすぐに反映されないのはキャッシュのせいだ - inari blog
タグ:MAMP OPC
posted by ねこまんま at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MAMPでPHPエラーを表示

久々のPHPコーディング。MAMPでPHPエラーが表示されないので表示するところから。

ひとまずphp.iniファイルの場所を確認。適当なファイル名で以下のコードを書いて実行

<?php
phpinfo();


Loaded Configuration Fileの箇所を確認すると「/Applications/MAMP/bin/php/php5.5.3/conf/php.ini」のphp.iniを利用している模様。

テキストエディタで上記のファイルを開いて

display_errors = Off

display_errors = On

に変更してMAMPを再起動。これでエラーが表示されるようになります。
タグ:MAMP
posted by ねこまんま at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

Smartyのforeachで配列を逆順で回したい

Smartyのforeachで配列を逆順で回したい場合はarray_reverseフィルタをかければOK

{foreach from=$list|@array_reverse:true key=key item=item} 

{/foreach}
posted by ねこまんま at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | smarty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

コマンドラインでSELECT文の表示結果を整形する

コマンドラインでSELECT文の表示結果を整形するにはSQL文の後ろに「\G」をつける。

select * from user \G


\は「option」+「\」で入力できる
タグ:SQL MySQL select
posted by ねこまんま at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | SQL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MAMPのMySQLをコマンドラインで操作

MAMPのMySQLのパスは「/Applications/MAMP/Library/bin/」になりますのでcdコマンドで移動し

cd /Applications/MAMP/Library/bin/


mysqlコマンドを実行。

./mysql -u root -p


デフォルトのpasswordは「root」
タグ:MySQL MAMP
posted by ねこまんま at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | SQL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

WordPressのバージョン更新を表示しない方法

サーバーの都合で古いバージョンのWordPressを使わなくてはいけないことがあったので古いWordPressのバージョン更新を表示しないようにしました。functions.phpに以下のコードを追加するだけ。

add_filter( 'pre_site_transient_update_core', '__return_zero' );
remove_action( 'wp_version_check', 'wp_version_check' );
remove_action( 'admin_init', '_maybe_update_core' );


参考:たった1行でWordPressのバージョンアップ通知を非表示にする方法 | Simple Colors
posted by ねこまんま at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Wordpress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

mod_rewriteでディレクトリ別にSSLを変更

mod_rewriteでディレクトリ別にSSLを変更。test2ディレクトリはそのまま表示するけどそれ以外はSSL転送。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/test2/.*$
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]


トーハム紀行: mod_rewriteでディレクトリ別にSSLのON/OFFを切り替えるが詳しかった。

RewriteCondにリライトの条件を追加していくことができ、%{HTTPS} offでSSLがオンかオフか、%{REQUEST_URI} でURLのパターンで条件を追加している。
タグ:mod_rewrite
posted by ねこまんま at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

WordPressのthe_content();からタグを除去

WordPressのthe_content();からタグを除去しようとしてちょっとハマった。

the_content();は出力までしてしまう関数なので正攻法だとob系のPHP関数で出力バッファを取得して変換する

だけど、get_the_content()を利用すれば同じ内容を取得できてstrip_tags()でタグの除去もできる

print strip_tags(get_the_content(""));
タグ:WordPress
posted by ねこまんま at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Wordpress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

WordPressで投稿を改行させない

WordPressでは投稿した内容に自動フォーマットがされbr要素やp要素が自動で挿入されます。

これはfunctions.phpに以下のコードを挿入することで制御できます。

<?php
remove_filter( 'the_content', 'wpautop' );
posted by ねこまんま at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Wordpress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

WordPressのarchive.phpやcategory.phpでカテゴリー情報を取得

WordPressのarchive.phpやcategory.phpでカテゴリー情報を取得。調べても全然出てこなかった。

最初はget_the_category()で取れるかと思ったら、全然ダメ。

get_the_category()は投稿が属するカテゴリーの情報を取得する関数。カテゴリーページだと$postの格納されている一番最初に表示される投稿。

ネットで調べると色々とややこしい方法をしていたが、正解はget_queried_objectを使う方法だと思う

$cat_obj = $wp_query->get_queried_object();


$wp_queryはページの情報がつまったグローバル変数。get_queried_object()で表示時の情報を取得できる。get_post_type_object()でも良いかもしれません。
posted by ねこまんま at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Wordpress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。